少林門の研究少林拳動画活動の記録掲示板トップ

2011年10月 中国研修旅行 於 登封・少林寺

 毎年恒例の少林寺・登封研修旅行。今年は2011年10月22日~10月30日までの9日間、過去最多の7名の参加者で実施しました。今回は今までの中でも特に多くの現地拳師に会うことができ、一般のツアーでは絶対に触れることの出来ない豊富な伝統少林拳の世界を垣間見ることが出来ました。

 源流の中に身を置いての濃厚な9日間、日本とは異なる環境で、時に不便や苦労もあったと思いますが、貴重な体験の数々は参加した皆を大きく成長させました。まさに「百聞は一見にしかず」。今回の訪中で少林拳がより深く、身近に理解できるようになったことでしょう。
Highslide JSHighslide JS
当門祖師である凌斗ゆかりの地・磨溝村にて。范福中老師の陸合拳指導。
Highslide JSHighslide JS
范福中老師のお宅にて老拳師の風格
Highslide JSHighslide JS
劉振傑老師について雲陽拳を学ぶ范海雲老師による貴重な磨溝拳の表演

磨溝村の動画です

Highslide JSHighslide JS
ある日の朝食風景中国の朝ご飯は安くて美味しいです
Highslide JSHighslide JS
ぷるぷるの豆腐脳や粟のお粥、豆乳、油条(揚げパン)、包子、味付けゆで卵等が定番です。
Highslide JSHighslide JS
呉風高老師には炮拳や小洪拳、内功法の小武功などをご指導頂きました。
Highslide JSHighslide JS
肌の張りとつや、そしてキレのある動き。とても80歳には見えません。
Highslide JSHighslide JS
宋双平老師の武館では縄鏢を教わりました。変幻自在な動きに皆興味津々です。
Highslide JSHighslide JS
宋双平老師の超重量大刀。人一人分の重さは余裕であります。
Highslide JSHighslide JS
偶然お会いできた老僧による大刀
Highslide JSHighslide JS
憧れの少林寺門前にて一枚永成師父に美味しいお茶を頂きました
Highslide JS
方丈室の前にある梵鐘。元代の日本人留学僧・邵元の名前が見えます。
Highslide JSHighslide JS
唐代からの塔が並びます塔林の石碑にも邵元の名が
Highslide JSHighslide JS
帰りの列車 寝台車です修行の成果を整理中でしょうか
Highslide JSHighslide JS
くつろいでますねー車窓から見た夕日
Highslide JSHighslide JS
北京では北京動物園に行きました虎の石像(?)
Highslide JSHighslide JS
前門は観光客で賑わっています茶店でほっこり

●ブログにも詳しいレポートがアップしてあります!
 ・その1 「出発」
 ・その2 「全国武術少林拳比賽」
 ・その3 「磨溝村」
 ・その4 「呉風高老師」
 ・その5 「釋永成師父」
 ・その6 「宋双平武館」
 ・その7 「王宗仁師父」