少林門の研究少林拳動画活動の記録掲示板トップ

少林拳とは


地域と歴史

 少林拳は中国の伝統的な武術門派のひとつです。発祥地は中国河南省の登封にある嵩山少林寺とされ、少林寺とその周辺地域で代々伝えられてきました。

 少林拳の始まりがいつの頃からなのか、はっきりと確定することは出来ていません。しかし少林寺のある河南省という土地は、「中原に鹿を逐う」と言われるように古来より政治・軍事の要衝であった事から、院内や民間ではかなり早い時期から「自衛の手段」として武術の訓練が行われていたであろうと考えられています。

 少林寺の武術が盛んであったという事がはっきりとわかっているのは唐代からです。少林寺境内に今も残る『太宗文皇帝御書碑』には、「唐の武徳四年(621年)、十三人の武僧に率いられた少林寺僧兵団が太宗・李世民を助け大功をを立てた」という内容が刻まれています。ちなみに80年代初頭、李連傑(ジェット・リー)が主演となって中国全土に武術ブームを巻き起こした映画『少林寺』は、この事跡に取材して造られた物語です。

伝統少林拳と現代少林拳

 現在、少林拳は二つの大きな流れに分けることが出来ます。ひとつは古くより伝わる「伝統少林拳」。そしてもうひとつは新中国成立後に国家体育総局によって普及が進められてきた「現代少林拳」です。


伝統少林拳を伝える村の拳師
(范福中老師)
 伝統少林拳は、主に寺院や村落を護るための自衛手段として生まれました。その発展の過程で、様々な古代の哲学や医術などを吸収し、徒手の套路(型)の他に武器術、功法(内外の各種鍛錬法)や格手(実用法)などが伝わっています。

 これに対し現代少林拳は「競賽套路」とも言われるように、専ら競技武術としての套路(型)を練習し、「より速く」、「より高く」、「より美しく」といった観賞性に重きが置かれています。

 現在、テレビやメディアで見ることのできる少林拳の大部分は、この現代少林拳です。ですから多くの人が「少林拳」と言うと、華麗でアクロバティックな動きを思い浮かべますが、実際には源流としての古い少林拳もあるという事で、ここに紹介しました。

***

 当会では伝統少林拳を専門に教授しています。伝統少林拳の魅力は何かというと、一言ではなかなか表現しづらいですが、敢えて言えば、永い歴史の中で積み重ねられた歴代伝承者の息吹が活き活きと感じられるという事、それと実用を追求した結果滲み出てくる「機能美」とでも言うべき独特の風格を備えている事でしょうか。

少林拳の特長

 少林拳は中国武術のプロトタイプ的な風格を色濃く残していると言われています。その姿は華美がなく、少林武術が生まれた中原大地(主に河南省、黄河流域を指します)の土の匂いを感じさせる様な、素朴な拳法といった趣があります。

 徒手の技術は打(突き)、踢(蹴り)、摔(投げ)、拿(逆関節)等を主とし、それぞれ目的や特長の異なる数多くの套路(型)や練習法が伝わっています。また、その他に刀・槍・剣・棍の「四大兵器」をはじめとする各種武器術を併せて学びます。

 少林拳の特長には以下のようなものが挙げられます。

・拳打一条線:動作及び攻防の路線は一条線の最短距離を通る。
・拳打臥牛之地:地形や環境に応じて臨機応変に変化する。
・拳打滾出滾入:動作は大小の螺旋(らせん)を伴う。
・直而不直、曲而不曲:拳は伸びきらず、力を残す。
・身法多変:身体遣いの変化が多彩である。
・攻防明顕:攻防意義が明確である。
・発力剛猛:発力(力の使い方)が剛猛激烈である。
・節奏鮮明:動作の節奏(リズム)が鮮明である。