当会について

■当会の理念
 優れた伝統文化の一つである古伝の少林拳を、日本に於いて正しく伝え、継承していくというのが当会の大きな目的のひとつです。伝統武術を学ぶと言うことは単に拳脚の技術を修得するに止まらず、武術の鍛練を通して中国の文化や考え方に触れ、 一歩一歩理解を深めていくものです。

 同時に練功に於いては、「武術」としての本質を失わないよう、基本功夫の練成を重視し、実際に動いて汗を流し、時に手を合わせて体験する練功を旨としています。

「指導者紹介」へ
トップに戻る