エントリー

2009年02月の記事は以下のとおりです。

好天気

  • 2009/02/23 00:31
  • カテゴリー:日常

  • 投稿者:

ファイル 9-1.jpg

今日は午前中から雲一つない晴天。
午前は培訓班、午後は第三武術班の練功を、
屋外で思う存分気持ちよくやりました。
梅の花は緑の葉が目立ち始め、桃の花がちらほら出てきました。
謝天謝地。

永成師父

  • 2009/02/20 11:23
  • カテゴリー:武術

  • 投稿者:

ファイル 7-1.jpg

仏門における私の師父。
95年の農歴10月27日(新暦12月17日)に、私が
「少林寺の叔父さん」と呼ぶ崔青振先生の引き合わせによって
拝師し、「延賢」の法号を賜った。

自分自身、仏門に帰依するとは夢にも思わなかったが、
今にしてみると、それはとてもよい事だったと思っている。

永成師父は文僧、武術はやらない。しかし何ともいえない
一種の気、眼の力と、独特の笑みは、人に深い印象を残す。
特にその笑みは、以前永成師父を取材したある記者が「金庸先生の
描く老頑童周伯通のような」と評する独特の……、喜びと、茶目気と、
またある種の諦観のような、またある種の寂しさのような、
様々な要素が入り交じった不思議な印象を持つ。

不肖の弟子である私は、拝師後もろくに仏法を学ばず、
仏法の何たるかもろくに解さない情けない状態であるが、しかし
永成師父の笑みに触れ、またユーモアがあり、かつ深い道理を
貫いた話を聞く事は、毎回合うたびに楽しみにしている。

もともと少林寺を訪れたのは、武術を、それも現代化、ましてや
神秘化などされていない、原始的なな拳脚の行使たる武術を求めて
来たのであるが、永成師父との出会いは、その後生活の節目節目
で、ふと立ち止まってものを考えるという、よい影響を与えて
くれているのである。

劉存良老拳師的炮拳

  • 2009/02/16 23:48
  • カテゴリー:動画

  • 投稿者:

”中原大侠”と呼ばれた徳根大和尚の徒弟、劉存良老師の炮拳(炮捶)。

王宗仁師父は過去に劉存良老師から炮拳の教えを受けたことがある
そうである。そういう意味ではこの映像の炮拳は、明らかに他人の
ものとは異なる、同系列のものと言える風格を持っている。

しかし体型や御顔がどうしても劉存良老師と似ていないように感じる
のは、撮影時期が古いからなのかどうなのか。目下確認中。

天長日久武藝精

  • 2009/02/16 13:58
  • カテゴリー:武術

  • 投稿者:

ファイル 5-1.jpg

一応、ブログの題名はこれに決定。

武術を練るには、苦を恐れず、気を抜かず、日々汗を流し。
一日練れば一日の功、一日怠れば十日の空。
久しく堅持して練れば、藝は精華に到るものである。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2009年02月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
- - - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着エントリー

過去ログ

Feed