エントリー

カテゴリー「日常」の検索結果は以下のとおりです。

サイン書き書き

先日発売された古伝少林拳のDVD。会内や関係者の皆さんにご注文頂いていた分に入れていたお名前とサインを、本日全て書き終わりました。

これまでサインなど書いたことがなかったので子供が書いたようになってしまいましたが(T_T)、30年後にはこのサインに価値が付いて来るように、これから練功に励みます。

IMG_3887.jpg

普段当会で直に学ばれている方にとっても、このような映像で客観的に見るとまた新たな気付き・発見があると思います。

また初心者や、これから武術を学ぼうと考えている方にも、古伝少林拳の鍛錬法を出来る限り丁寧に解りやすく解説しているので、活用して頂ければと思います。

簡単ですが真面目にやると疲れます。
疲れた分はきちんと力になります。

Amazonでも購入できます。
是非お試しあれ~。

養生三昧

今日の午前中は思いがけず空きが出来たので、いつもの場所で養生功をそれこそ思いつく限りやってみました。

やってみると普段の仕事や飲食の不摂生から来る「引きつれ」、「腫れ」が身体のあちこちにあるのが感じられ、結局全身くまなく一時間半かけて浄化しました。

内容は少林寺易筋経からの抜粋と、その他武術動作由来の内功架。

終わってみてはじめて、自分の身体は本来これほど軽かったのかと感じるほどに、知らず知らずの内に色々なモノが蓄積していたようです。

呼吸は楽になり、足元はぽかぽかと暖かく。気持ちまですっきりと柔らかくなったように感じられます。

少林拳には身体を強く、しなやかに作る練功法が多くありますが、同時に養生の方法も豊富に存在します。たまには鍛錬ばかりでなく養生にも目を向けることが、結局は心身を更に高めていく事になるのだなと感じた午前のひと時でした。

DSC_0034.jpg

今年もまた

薄暗い林の中で独り練功。
気がつけば今年も彼岸花の季節が巡って来ました。DSC_0907.jpg

DSC_0908.jpg

どうも昨夜あたりから身体に氷の塊のようなものが居座って、心なしか気持ちまで冷え冷えとしていたのが、じっくりと練功したらいつも通りの熱気が戻って来ました。

自分で自分の心身を調律できる方法を持っているという事は、幸せなことです。

沖縄の風

IMG_3084.jpg

健身班少年部のYちゃん・Rくん姉弟の沖縄土産。
あわもり味くらべセット。

明日はお休みなのでゆっくり頂いています。

とっても嬉しい&美味しいです。
ありがとう!

充実の週末

この週末はなかなかに忙しかったですが、また楽しく充実した週末でもありました。

DSC_0790.jpg
久しぶりに逆立ちをやったら、デコボコ(笑)
また皆で練習しよう!


DSC_0796.jpg
近所の広場で盆踊りの準備をしていました。これで夏も終わりです。

今日の一日

今日は意外がいくつか重なり、まる一日休みになりました。

午前中。公園で大洪拳を検討。改めて、よい拳です。
DSC_0675.jpg

お昼。最近ご紹介頂いた喫茶でカルボナーラ。お店の雰囲気もよかったし、生パスタがもっちりで美味しかったです。
DSC_0676.jpg

おやつ。数年前に閉店した国分寺の「味一」に極めて近い味。この味を探していました。
DSC_0677.jpg

午後。午前中の公園に戻って来て昼寝。
DSC_0679.jpg

ああ、いい一日でした。
明日からまたがっつり頑張ります!

鍛錬道具

鉄の棍と銅の九節鞭。
朝の往診前に自宅前での鍛錬です。

DSC_0421.jpg

DSC_0422.jpg

九節鞭は先月登封(少林寺)に行った時、師父から頂戴しました。

この九節鞭、身法を練るのになかなか役に立つのです。銅なので結構な重さがあり、しかも振り回すと遠心力で更に体感重量は増します。そしてその名の通り鞭のようにしなりながら運動するので、これが通常の硬い武器を使う時より変化に富んだ負荷を身体に与えてくれます。

中国武術は武器の種類が豊富ですが、このように上手に鍛錬に用いると面白い効果を得られるものが少なくありません。

どぶ!

中国行きの事前調整に頭を悩ます今日この頃。
どうにか現地でのアクロバットの目星がついたので、先日Sさんに頂いたお酒を開栓。

DSC_0354.jpg

にごり酒なのですが、一口目飲んだ感想が

「うわ!なんだこれ」

名前からして「どぶ」なので当然覚悟はしていましたが、
よい意味で全面的に予想を裏切られました。

二口目。丁度家にあった鰹の酒盗と合わせて呑んだら……。

おお、美味い!
これはチーズなんかも合いますね。

肴もこれくらいチカラがないと駄目みたいです。

Sさんに伺うに、この酒は開栓後このまま一年くらい寝かせて飲んでもよいそうで。

いきなり半分近く空けそうになるのをこらえて。折角なのでこれから一ヶ月毎くらいにして、醸しによる味の変化を楽しんでみようと思います。

Sさん、これまた素晴らしい出会いを有難うございます!

春に行く

春の中国行きまであと一週間を切りました。

今回は久しぶりに当会の生徒が三名同行します。

今までと違うのは、私もあくまで自分の修行として、この旅に臨むという事です。

つまり、衣食住それと交通の最低限度は皆の為に手配するけれど、それ以外の練功や現地での生活・活動については私も皆と全く同じ立場で行かせて貰います。

基本の行程からは観光やお楽しみといった要素は全部外しました(もちろん、空いた時間とお金を使って観光や娯楽を楽しむのは自由です)。私が用意するのは練功の環境のみです。そして、どの程度その環境に入り込むかも本人達にお任せしています。

現地で教えを受ける拳師とのやり取りも、私は極力参与しない事を決めています。私は私の聞きたい事を中心に聞き、学びます。

各々が持てる表現力・理解力を駆使し、拳師と直接往来をして貰います。

つまり、一人ひとりがこの旅の主催者であり、享受者であるという事です。

さて、今までとは完全に異なるコンセプトの今回の旅。

吉と出るか、凶と出るか。

とにかく今は準備を粛々と進めるのみです。

DSC_0338.jpg

すでに現地での活動予定を大幅に改変しなければならない知らせがきて悩ましい。今回はちょっとアクロバティックな立ち回りをしないといけないかもです(まあそれは私が幕後で動く事なので、参加の三方はご心配なく!)。

「きょうりょく」?いやいや「ごうりき」!

開門拳社の服部哲也先生から引越し祝いに頂きました。

DSC_0163.jpg

「きょうりょく」ではありません。
「ごうりき」です。

ラベルの字も豪快ですが、味もぐんとした強さがあり名前負けしていません。
写真を撮りそこねましたが、色は綺麗な山吹色です。

またひとつ、好きなお酒が増えました。
この酒のように、力のある拳が打てるようになりたいです。

服部先生、有難うございます!

ページ移動

ユーティリティ

2017年07月

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着エントリー

過去ログ

Feed