エントリー

2013年02月の記事は以下のとおりです。

王宗仁師父の映像

  • 2013/02/27 13:55
  • カテゴリー:武術

  • 投稿者:

昨年10月の登封滞在時に撮影した、王宗仁師父による長護心意門拳・七星拳の全套及びそれに付随する単練動作の映像より。

ファイル 225-1.jpg
ファイル 225-2.jpg
ファイル 225-3.jpg

数年に渡ってお願いして、昨年やっと撮らせて頂きました。

今では少林寺・登封地区でも、見られるのはスポーツ競技化された現代少林拳ばかり。こういった昔ながらの、武術としての少林拳を打てる拳師は本当に希有となりました。

源は元代の緊那羅王からと言われ、凌斗祖師爺~王頂一師爺~王宗仁師父と受け継がれてきた伝統少林拳を、まだ自分が原型の味わいを失わずに打ち切れる年齢のうちに後代のため映像として残しておきたいという師父の思いもありました。

貴重な文化遺産。

もちろん映像だけでなく「実」の方も(むしろ実の方こそ)、しっかりと後々の世代に護り伝えていかなければと思います。

今日の健身班の……

  • 2013/02/23 23:25
  • カテゴリー:練功日誌

  • 投稿者:

今日の健身班の、子供。

ファイル 224-1.jpg
休み時間。
なんか集まっってるなーと思ったら……

ファイル 224-2.jpg
散った!

ファイル 224-3.jpg
もちろん練功もちゃんとやります。

ファイル 224-4.jpg
師父が大人に棍術を教えている間もちゃんと自分たちで套路練功。エライ!

格手講習 2月17日

  • 2013/02/18 00:39
  • カテゴリー:練功日誌

  • 投稿者:

今日も天気に恵まれ、絶好の屋外練功日和でした。

まずは身体慣らしも兼ねて洪手からの組合動作の単独練習。
練功では出来る遠く、勢いよく、そして真っ直ぐ踏み込む(跳び込むではない)ように心がけます。正に虎が獲物を捉える気勢。少林拳の特長の一つです。

その後は相手を置いて対打練習。
まず第一に受け手は攻め手の洪手を適度な圧力を持ってしっかりと受け止めてやることが大切です。攻め手についてはまず洪手で当たり負けないように、そして洪手の勢を失わないように、それに乗じて更に攻撃を加えます。

今日はまた迎面掌(捶)・探馬捶・束身・単鳳貫耳という4つの動作を、時間を掛けて重点的に行いました。いずれも防守と「同時」もしくは「その勢に乗じて」反撃します。現段階では敢えて歩法は用いず、身法のみで捌きます。何度も何度も繰り返し、反射的に反撃が出るように訓練します。

全体的な課題としては、ひとつひとつの動作の熟練を更に高めたいところです。現段階では動作を覚えたに過ぎませんので、いづれも套路と同じように、まずは「順(スムーズに、自然に)」になるまで繰り返し練り込むことです。

個々で熟練し、相対で熟練すれば、練功の効率はもっとよくなるし、何よりもっと気持ちよく動けるようになります。「熟能生巧」です。

ファイル 222-1.jpg

ファイル 222-2.jpg

ファイル 222-3.jpg

ファイル 222-4.jpg

新年会

  • 2013/02/14 22:40
  • カテゴリー:練功日誌

  • 投稿者:

今日は荻窪教室の練功終了後に新年会を行いました。

こんな時期に新年会……。

ちょうど中国では2月10日が旧暦の元旦に当たるので、今が正月真っ盛りなのです。私も10日には中国の師父に拝年(新年のご挨拶)の電話を掛けたりしました。

宴会の場所はココ↓
ファイル 221-1.gif

半分本場・半分創作の中華料理といった感じで味も美味しいし、値段も比較的リーズナブルなのが有り難いです。

ファイル 221-2.jpg

ファイル 221-3.jpg
看板メニューの「田舎風 酢豚」
柔らかくごろっとした豚に黒酢がよく合います。
写真ではなんだか岩石みたいに見えて残念です(笑)。

ファイル 221-4.jpg
ブログネタ発見!「親子パンダビール」
以前は中国からの輸入だったようですが、現在は何故か「日本ビール醸造株式会社」という所で作っているみたいです。味は普通の中国ビール。

ファイル 221-5.jpg
春節のお約束、水餃子も頂きました。ここのはスープ餃子でした。美味しかった。師娘(師父の奥さん)を手伝って餃子を包んだのを思い出します。


普段の練功ではなかなかゆっくり・じっくりと会話が出来ないので、こういう機会はあるといいなと思います。練功で顔を会わすだけでは解らない、お互い色々な面が見られて面白いです。

同盟会Tシャツ

  • 2013/02/13 12:05
  • カテゴリー:活動

  • 投稿者:

久しぶりに今回プリントする同盟会Tシャツのデザインです。

「虎に偃月刀」
ファイル 220-1.jpg
当会のシンボルマークです。

虎は少林拳を代表する動物で、套路の中にも虎の気勢を表した動作が多く出てきます。昔は少林寺のある嵩山にも虎がいたと言われています。

虎が持っているのは当門の得意とする独特の武器で「偃月刀」または「大刀」と言います。本物は結構重いです。

「緊那羅王」
ファイル 220-2.jpg
緊那羅さまは少林武術の守護神です。

元々は元の時代にいた少林寺の炊事僧であり、隠れた名人であったと言われています。後に神格化され、今でも現地の武術家は皆、緊那羅王を少林武術の守護神として尊敬し奉っています。

詳しくは当サイトの少林寺守護神緊那羅の項を参照してください。

ファイル 220-3.jpg
これはTシャツの色見本です。大体こんな色になります。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2013年02月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着エントリー

楽しい宴
2017/08/31 22:25
お客さま
2017/08/16 23:34
栄養補給
2017/08/16 11:16
お盆練功
2017/08/13 14:04
メール不調?
2017/07/25 09:41

過去ログ

Feed