エントリー

2017年11月の記事は以下のとおりです。

今日の磨溝拳

今日も今日とて磨溝拳。

毎日練っていると、だんだん楽しくなってきました。気づく事も自然と増えて来ましたし、拳が身体に馴染んで力が乗って来た感覚もあります。古典套路は練れば練るほどに味わいが増す、そんな面白みがあります。

IMG_20171129_103019.jpg

明星大学武研

IMG_20171128_180638.jpg

本日は明星大学の「日中武道比較研究会」にて古伝少林拳の講義を行ってきました。

弓歩・馬歩・仆歩・虚歩だけで最初の一時間たっぷり楽しみました。後は踢腿四種、腿法(弾腿と弾腿衝拳)だけで時間いっぱいにて終了。

メニューだけ見ると簡素ですが、実は情報量としてはかなり盛り沢山です。基本は宝の山。掘れば掘るほどに面白い教えが出てきます。逆に言うと技が簡単な少林拳だけに、基本の厚みは大切にしたい。基本が厚ければ変化は自ずと生まれ来る。

参加された学生の皆さんにもそれは実感して貰えた、今回の講義だったと思います。

今回も素晴らしい機会を下さった古田島先生、柴田先生、有難うございました!

磨溝の拳

来年1月に出る月刊『秘伝』誌に掲載する為の文章を執筆中。これに合わせて今週は磨溝拳を集中的に練功です。

磨溝の事を書くには磨溝の拳を練るのが一番です。いくら頭を捻っても出て来ないものが、身体を動かすとそれに連動して次々と色々な事が思い出されます。こうしてみると我々は、単に身体を動かして拳を学んでいるだけではなく、同時にその時その場所その人から、実に多くのものを吸収しているのだという事がよく解ります。

DSC_0018.jpg

mmexport1492006002449.jpg

公園の銀杏

公園の銀杏が黄色く色づいて来ました。しかし先の台風のせいで一部の木は葉がほとんど落ちて寂しい感じ。今年は黄金絨毯は見られないかも。

DSC_0246.jpg
個人レッスンのSさんから頂きました!
開栓してから置くほどに味が深まる面白いお酒です。

年に一度の演武会

三連休の一日目。年に一度行われる伝統中国武術の合同演武会に参加してきました。

午前中に演武を終えた子供たち。昼休みは暖かな陽気に誘われ中庭でお弁当を広げ、ちょっとしたピクニック気分を味わいました。

すっきりとした表情が彼らの成果を物語っています。勿論大人達も負けずに気持ちの入った演武を披露できました!

IMG_4535.jpg

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2017年11月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着エントリー

2017年忘年表演会
2017/12/12 12:45
修了証書
2017/12/06 16:44
磨溝漬け
2017/12/04 23:00
今日の磨溝拳
2017/11/29 11:02
明星大学武研
2017/11/28 22:26

過去ログ

Feed