エントリー

磨溝の拳

来年1月に出る月刊『秘伝』誌に掲載する為の文章を執筆中。これに合わせて今週は磨溝拳を集中的に練功です。

磨溝の事を書くには磨溝の拳を練るのが一番です。いくら頭を捻っても出て来ないものが、身体を動かすとそれに連動して次々と色々な事が思い出されます。こうしてみると我々は、単に身体を動かして拳を学んでいるだけではなく、同時にその時その場所その人から、実に多くのものを吸収しているのだという事がよく解ります。

DSC_0018.jpg

mmexport1492006002449.jpg

ページ移動

ユーティリティ

2018年11月

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着エントリー

過去ログ

Feed