エントリー

2016年02月の記事は以下のとおりです。

古伝少林拳 木曜練功会 新規会員募集

035.jpg

長らく不定期で活動していた木曜練功会ですが、この度「定例練功会」として改めて公開・始動する事にしました。

つきましては新規の会員を若干名(二~三名)、募集いたします。

現時点でも二名程度の少人数体制なので、伝統的な教授方式でじっくりと学ぶ事が出来ます。

◎教授内容:

古伝少林拳の基本~套路(型)、兵器(武器)、功法(内外鍛錬法)、実用法

◎日時:
第1・第3木曜日 16:30-18:00

◎場所:
小平市内の公園および施設

◎会費:
4,000円

◎対象:
18歳以上(※未成年は保護者の同意が必要です)
男女不問
経験の有無は問いません。初心者には基本の姿勢や身体の作り方からお教えします。

◎お申し込み
当会サイトの「お問い合わせ」からお申し込み下さい

中国中央電視台『功夫少林』

今年の春節(2月8日)から5夜連続で放送予定だった中国中央電視台のドキュメンタリー『功夫少林』ですが「放送時期の調整」のため、3月以降に延期となりました。

あくまで憶測ですが、純粋に制作が遅れて間に合わなかったのだと思います。

撮影自体が昨年9月末に終了し、そこから編集。今年1月末の時点でまだ字幕を入れている段階だったので、それは間に合わないでしょう、という事です。

取り敢えず代わりと言ってはなんですが、予告編をお送りします。

予告編に使われている映像は、このドキュメンタリーの前期に撮影されたものです。

2014年春から撮影が始まったので、丸々二年になります。その間、撮影に参加された郝釋斎、陳五経、崔西岐の三方の老拳師が既にこの世を去りました。

そういう意味でもこのドキュメンタリーは、伝統少林拳にとって貴重な記録映像になると言うことが出来ると思います。

mmexport1455771363533.jpg

編集中の画面。まだ字幕は入っていません。

また放送時期が確定したら、当ブログでお知らせします。

「鴨ちゃんねる」で伝統少林拳を語る

昨年9月の訪中時にフジテレビ北京支局の取材を受けたものが、インターネット放送局「ホウドウキョク」内の「鴨ちゃんねる」という番組で取り上げられました。

kamo_3.jpg

アーカイブはこちら
https://jstweb.houdoukyoku.jp/pc/archive_play/00142016011701/1/

伝統少林拳の現状と発掘・伝承、そして現代社会に於いて武術を練っていく意味について、私なりの考えも交えてお話させて頂きました。

少林寺を含む登封が世界遺産に登録され、ますますショー化・商業化が進む少林拳の傍らで、古来より脈々と伝えられ、そして今失伝の危機にある伝統少林拳の存在を少しでも世にお知らせする事が出来れば幸いです。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2016年02月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着エントリー

過去ログ

Feed