エントリー

2010年03月の記事は以下のとおりです。

登封日記 その2

●3月25日 晴れ
やっと空気が少し暖かみを含んで来た。朝、午前と練功して、昼過ぎから磨溝に向かう。范老師は少しお歳をとられた感じもしたが変わらずお元気そうで、時折見せる動きはやはり尋常ならざる迫力を感じさせられた。

ファイル 101-1.jpg

范老師のお宅で少し話して、そのあと磨溝村内を廻った。凌斗祖師爺の義兄(※妻の兄)である范大田の住んでいたという家屋を見たり、練功房跡で范氏族譜碑を検証したりと意義あるものだった。
ファイル 101-2.jpg

●3月26日 晴れ
今日も昨日に続いて気持ちのよい天気。あちこちの花も開いてやっと春らしさが出て来た感じだ。

どうも朝から腹具合がよろしくないのが気になったが、とにかく劉振傑教練の駆るバイクの後ろに乗って凌斗祖師爺の故郷の凌家門へ。

祖師爺の住んでいたお宅は、06年には祖師爺の三男の奥さんが守っていたのだが、07年に亡くなられてからは住む人がなくなっていた。人の住まない建物は傷みが早く、3年そこらですっかり廃墟となっており哀愁を誘った。
ファイル 101-3.jpg

この日は祖師爺のお孫さんである凌戦省先生が登封から帰って来ており、運よくお会いする事ができた。教会の仕事をされているという凌戦省先生は、ご自身もかつて武術を嗜まれた事があり、凌家古伝の長護心意門拳を拝見する事が出来たのは誠に幸運であった。
ファイル 101-4.jpg

●3月27日 晴れ
昨日は夕方になって武館に帰って来たのだが、疲労と腹の具合が激烈に悪くなり、師父にこの二日間の報告を済ませた後、そのまま今朝まで寝てしまった。夜中に何度も便所に起き、腹下しと腹痛に悩まされた。結局この日もまる一日行動不能状態で情けない限りだった。

●3月28日 晴れ
朝方3時頃になりやっと下痢が止まる。朝ご飯の後、近所の中医に行き、薬を貰って飲んだら、それ以降は随分回復した。今までこれ程体調を崩した事はなかったのだが、今回は時間も短く強行軍だった為、疲労が祟ったようだ。

そんなこんなでどうにか動けるようになり、午前中に師父に最終の検査を受ける。二日寝込んだので不様な打ちようにならないか心配だったが、意外ととまともに打ち切れたので安心する。これで思い残しなく、登封での全ての任務を完成する事が出来た。
ファイル 101-5.jpg

登封日記 その1

●3月22日、曇り時々強風
朝の練功。寒い。もう3月も下旬に入り、春らしい暖かい風が吹いてもよさそうなものだが、全くその気配が感じられない。

恒例の師父による長護心意門拳の検査を受けるが、全てが中途半端な感じで力が出しきれない。この時は師父よりいくつかの動作について指摘を受けて終わる。いまだに師父の前で拳を打つ時には緊張で身体が硬くなるのを免れない。

昼前に、あまりに朝が不甲斐なく悔しかったので、もう一度見て貰う。今度は足元もしっかり安定して、それなりに力が出せた。


●3月23日 曇り時々晴
朝、師父に長護心意門拳を見て貰う。大体の動作上は問題なく、後は節奏感を出すように言われる。七星拳も同様。鶏形歩、三衝拳は特に肩膀の力を強調された。

午前は呉風高老師に会いに行く。炮拳の第三節を検査して貰い、駆け足ながらも小武功(※内功法)を教わって拳譜を頂く。呉老師は御歳七十八との事だが立ち居振る舞いは矍鑠とされており、素敵な老紳士たる風格がある。
ファイル 100-1.jpg
ファイル 100-2.jpg

午後は大刀と七星拳。だいぶ身体がこなれて本調子が出て来た感じだ。

劉存良老師をお迎えに老街に行った時。ちょうど開発の真っ最中で、昔ながらの土壁の家がどんどん壊されていた。
ファイル 100-3.jpg

●3月24日
初日から師父に言われてきた事、節奏などが、だんだんと解ってきた。以前から同じ事を繰り返し言われて来たのだが、今回やっと体感として理解できてきた気がする。これは大きな収穫だ。

夜は師父の昔の学生達(※私の師兄にあたる)と食事。
ファイル 100-4.jpg

伝統武術

  • 2010/03/13 23:07
  • カテゴリー:武術

  • 投稿者:

今日、練功会で皆に言ったこと。

伝統武術。
師父から伝えられたものは、一滴も漏らさず、あたかも一つの盆から次の盆に水を移すかのように、余さず受け取らなければならない。

そして受け取ったものは、また次に手渡さなければならない。技もそうであるし、精神もそう。両方揃って初めて滴水もこぼさずに伝えることが出来る。

承り、伝える。即ち伝承。伝統武術を学んでいるという事は、そういう事だ。ただ単に古いものをやっているだけではない。自分の身で受け止め、次代に伝えていく事で、はじめて価値が出てくるものだと思う。

そういう学び方を、当会の学生には知って欲しいものである。

魯肉飯

  • 2010/03/04 21:07
  • カテゴリー:日常

  • 投稿者:

ファイル 98-1.jpg
ファイル 98-2.jpg

今日の晩御飯は魯肉飯。
台湾の夜市ではお馴染みのメニューです。

細かくした豚ばら肉を八角、砂糖、醤油、五香粉、酒、生姜、大蒜でじっくりと煮込みます。煮汁でつけた玉子が美味です。高菜やザーサイ、沢庵などを添えると、より味わいが増します。

ああ、また台湾に行きたくなりました。
と、その前に今月後半は中国です。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2010年03月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着エントリー

楽しい宴
2017/08/31 22:25
お客さま
2017/08/16 23:34
栄養補給
2017/08/16 11:16
お盆練功
2017/08/13 14:04
メール不調?
2017/07/25 09:41

過去ログ

Feed