エントリー

2018年04月の記事は以下のとおりです。

修行者は再び

昨年から今年2月まで、中国(北京・少林寺)に留学していた川島さん。帰国したと思ったらまたまた少林寺に短期で行っています。

※去年に中国で川島さんと会った記事はこちら

今回は北京・大連・武漢と旅して、昨日少林寺に着いた模様。そして着いたら早速練功開始です。現地では少林寺心意把研究会の胡正生老師がみっちり鍛えてくれる事でしょう。

加油!

それにしてもよい環境です。私も行きたいです(^^)

 mmexport1524719963408.jpg

mmexport1524719953363.jpg

 Twitterも密かに(?)更新中。覗いてみてください。
twb1.jpg https://twitter.com/ShaolinTongmeng

メール不着の恐れ

以前からそうですが、お問い合わせを頂いた方にこちらから返信したメールが届いていないケースが往々にしてあります。

特に携帯のアドレスから頂いたメールに返信した場合、こちらのアドレスは携帯キャリア以外の所謂「PCメール」なので、返信をしても迷惑メールとして弾かれてしまいます。

携帯メールアドレスからお問い合わせ頂いて、3日経っても当会事務局から返信がない場合、大変申し訳ありませんが携帯メールアドレス以外の「PCメール」から再度ご連絡頂ますよう、お願い致します。

金町講習会

昨日は亀有分会と錦糸町教室を対象とした門内講習会を、金町で行いました。

いずれも清水教練の育てた「孫弟子」達。とても楽しく充実した講習会となりました。

亀有&錦糸町の皆さんとは昨年末には忘年表演会でもお会いしましたが、普段練っている基本や套路を見るのは一年ぶりです。昨日一日の講習を通して、亀有と錦糸町共に全体のレベルがこの一年で着実に上っているのが確認できました。

普段からの練功の方向性がきちんと整っているので、後は要所要所でポイントをお伝えすすだけで、皆さんどんどん響いてくれます。ですので、決して長い時間の講習ではありませんでしたが、きっとそれぞれが何かしらの「気づき」や「発見」を持って帰ってくれた事と思います。

中学生二人も大人に混じって一緒に練りました。昨年よりぐんと動きに芯が通ってきており、感心です。次を担う世代が着実に育ってきてるのを見て、大変頼もしく感じました。

講習会後はお馴染みの中華料理店で懇親会。美味しい料理と楽しい話で、あっという間に時間が過ぎ去っていました。指導者の人柄でしょう、清水門下は皆さん明るく楽しい、元気な方ばかりです。私も皆さんと一緒に練ったり食べたり話したりして、大いに元気が湧いてきました。

また次の行事などで会えるのを楽しみにしています!

kanamachi2.jpg

 

月刊秘伝5月号

taidankiji.jpg

本日、発売となりました!

巻頭対談 今月の「秘伝なヒト」
関根勤 × 清水佳彦
「我們的"功夫映画"遊話」武術アクション熱狂時代!

 

映画「クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ~拉麺大乱~」も今日からロードショーだぞォ~!(しんちゃん口調で:笑)

 

YAHOO!ニュースでも取り上げて頂き、感謝感激です。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180412-00000087-natalieo-ent

花祭り

4月8日の今日はお釈迦様の誕生日。近所のお寺で花祭りがあるというので、子供らを連れて行ってきました。

私は曹洞宗のお寺の幼稚園に通っていたので、この花祭りは懐かしい思い出の行事です。久しぶりの甘茶も、記憶の中の味と違わず美味しかったです。

ちなみにこのお寺は黄檗宗という割と珍しい宗派で、曹洞宗・臨済宗などと同じく禅宗の一派です(黄檗宗は臨済宗からの流れです)。

そして禅の初祖は達磨大師。少林寺の背後・五乳峰で面壁九年の座禅を経て、禅宗を開きました。日本では「七転び八起きのダルマさん」として有名です。

そんな訳で、実はあまり意識しない所で日本人も実は少林寺と繋がっているのだな、と感じた花祭りの休日でした(^^)

DSC_0743.jpg
お釈迦様の像に甘茶をかけます。

DSC_0744.jpg
釈迦誕生像。

映画クレヨンしんちゃん 関根勤さんのスペシャルコメント

こんなのもアップされていました(^^)

 

清水教練、いいツーショットで写っていますね!

クレヨンしんちゃんがカンフー!

情報解禁されたようなので、再びアップです。

先月、当会の清水教練が『秘伝』誌の企画で対談を行いました。お相手は、
関根勤さん!

なんでも今度のクレヨンしんちゃんはカンフーものだそうで。関根勤はその中で老師役として声を当てておられるとの事。

格闘技・武術マニアとして知られる関根さんと、当会きってのカンフー映画マニア(というか、普通にドニー・イェンやジャッキー・チェンと仕事とかしてるし;)の清水教練が、どんな対談を繰り広げるのか。

KA_0313_095.jpg

『秘伝』5月号、『映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~』 公開記念対談 関根勤(タレント)×清水佳彦(殺陣師・少林拳師) 「我們的“功夫映画”遊話」 武術アクション熱狂時代!をお楽しみに!

あ、発売は4月13日です。

テキトウノススメ

今日は何となく拳(徒手の型)の気分にならなかったので、偃月刀→単練→鉄棍という組み合わせで練りました。

私の場合、乗り気でない時はすんなりと諦めて、気持ちの向くメニューに変えてしまいます。そのあたりの「テキトウさ」も長続きの元かも知れません。

中国の古武術は、拳でなければ械(武器)、套(型)でなければ単(単独動作の練習)、剛でなければ柔、快でなければ慢、内でなければ外。などなど、豊富な内容をその時々のコンディションで自由に組み合わせて練習できるのが、自分のように飽きっぽい人間にとっては有り難い所です。

DSC_0737.jpg

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ
  • ページ
  • 1

ユーティリティ

2018年04月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着エントリー

過去ログ

Feed