エントリー

格手講習

日曜日の格手講習の感想。

●よかった点
条件付き自由攻防については、当初に比べれば随分と慣れてきた様子。何をやっていいかモタモタする場面はかなり減った。

自分なりの技を試みようという動きがちらほら見られた。当講習は「検証の場」でもあるので、大いにやって得意技を身につけて欲しい。

●課題とする点
進攻時、防守時共に相手がよく見えていない。「正、頂、沈」が保てていないのが原因。簡単に言えば体勢が崩れているから。

攻防の打ち合いについては慣れて動けるようになってきたものの、根本的な動作の質について先月からの進歩があまり見られない。

***

普段の套路・基本功で練った成果(「正、頂、沈」等の動作原則はその代表例)を格手で活かす。逆に格手で検証して得た感覚を套路にフィードバックする。こういった「システム」を早く各々の中で確立する事が必要だと思います。これが出来るようになると普段の練功が俄然楽しくなってきます。

ファイル 165-1.jpg
ファイル 165-2.jpg
ファイル 165-3.jpg

ページ移動

ユーティリティ

2022年08月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

ページ

新着画像

新着エントリー

過去ログ

Feed