エントリー

師父

  • 2012/09/21 00:42
  • カテゴリー:日常
  • 投稿者:

毎年10月に実施していた当会学生を連れての少林寺・登封研修旅行。今年は情勢不安のため、やむなく中止となりました。

そんなこんなで師父に昨日電話したのですが、師父は普段と全く変わらぬ様子。報道で見る中国国内の緊張感はどこ吹く風。

研修旅行取りやめの報告には、「今回のことは残念だが、これは国家間の事。我々の友情には関係ない。次回皆が来るのを楽しみにしている。それまでよく練功を積んでおくように」との言葉。

そして「お前一人で来る分には問題ないさ、家に泊まればいい。昨日も誰それが、『川口はいつ来るだろう』と話していたところだ。 何?車(師父の車はトヨタ製です)? 何ともないぞ!」と。


常日頃「功夫に国境無し、武林是一家」と言って何よりも人情を大切にする師父ですから、こういったリアクションは予想していたものの……。

日中関係が緊張を高め、政府間だけではなく民間にまで冷たい風が吹き抜けている昨今。考えるとどうしても心に暗雲立ちこめる気持ちになりがちですが、やはり実際に声を聞いて、理屈抜きに心底ほっとしました。

いくつになっても父母は有り難いものであるように、師父もまた本当に有り難い存在です。 早く両国間の関係が改善され、誰もが楽しく往来できる時が戻りますように。

ファイル 195-1.jpg
師父も若いが自分も若い。時の長さを感じます。

ページ移動

ユーティリティ

2018年06月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着エントリー

餃子練功会 圓満の成功!
2018/05/29 11:23
木曜練功会日誌
2018/05/25 07:12
組手の試合⭐️
2018/05/17 19:52
『秘伝』誌で連載再開
2018/05/15 13:13
少林棍法此処に在り
2018/05/10 22:45

過去ログ

Feed