エントリー

2013年10月 少林寺・登封研修旅行 その2

●王宗仁師父との練功

登封初日は自分たちで練った以外、毎朝王宗仁師父に伝統少林拳の直接指導を受けました。これが本研修旅行の一番の目的であり重要部分です。

今年は研修参加者3名中2人が学習歴一年に満たない初心者だった事もあり、動作の単練に多くの時間を割いて教えて頂きました。

ひとつの動作でも異なった発力の仕方があり、また発力の違いによって動作の名称も変化する。また一つの動作にも複数の用法がある事を、学生達も身をもって体験する事が出来ました。

ファイル 264-1.jpg
ファイル 264-2.jpg
ファイル 264-3.jpg

そして何より、師爺の動作を直に見ることが出来たのが、彼らにとって一番の収穫だったと思います。たとえ今は遠く及ばなくても、その先の目標とする地点が明確に示されているという事はとても幸せな事です。

師爺からは動作の他にも少林拳の理論や、日常生活での考え方、武器の手入れの仕方など、広い範囲の内容を教えて頂けました。特に今回の参加者は積極的によく質問をしており、普段私が聞かないようなユニークな内容も飛び出したりして、なかなかに興味深い応答となっていました。

ファイル 264-4.jpg
ファイル 264-5.jpg

師爺の丁寧な指導と毎日の継続的な練功により、彼らの動きも3日目朝あたりから明確に変化が出てきました。これぞ「武術生活」の一番の効果です。仕事や雑事に追われる日常では、やろうと思っていてもなかなか出来ない事でもあります。

もちろん、最終的には仕事も含めた各人の「日常生活」の中に溶け込ませる事が目標ですが、訓練の過程ではこうした集中的な練功も必要であり、進歩に大きな助けとなるものであると考えています。

ページ移動

ユーティリティ

2018年08月

- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着エントリー

『秘伝』9月号
2018/08/13 22:50
異武交流
2018/08/06 21:50
木曜練功会日誌
2018/08/02 23:15
夏天来了!
2018/07/31 10:02
夜来練
2018/07/25 00:04

過去ログ

Feed