エントリー

カテゴリー「少林ニュース」の検索結果は以下のとおりです。

少林寺が世界遺産に

2010年8月1日、中国国営新華社通信によると、国連教育科学文化機関(ユネスコ)はブラジルで開かれた世界遺産委員会で、河南省登封の少林寺などを含む歴史建築群「天地之中」の世界遺産への登録を決めたと発表した。

記事によると、今回、世界遺産への登録が決まったのは、計11の古代建築群。うち、東漢時代に建てられた「少室闕」「啓母闕」は中国最古の祭祀を行う礼制建物で、「中岳廟」「太室闕」は中国の古代礼制建物の代表格。「周公測景台」「観星台」は中国に現存する最古の天文台で、「嵩陽書院」は中国で最も早く儒教を広めた書院である。

古代中国人の宇宙観は、中国は天地の中央に位置する国で、天地の中心は中国中原の河南省鄭州、登封一帯と考えられてきた。そのため、この一帯は早くから王朝が立てられ、中国文明や文化の中心として栄えてきた。

同建築群は昨年も世界遺産への登録を申請したが、「追加資料を提出して再審議」にとどまっていた。中国の世界遺産はこれで39か所となった。うち文化遺産が28か所、自然遺産が7か所、複合遺産が4か所となっている。

ファイル 106-1.gif
ファイル 106-2.gif

【レコードチャイナより転載】
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=44239&type=1


ついにというか、やっとと言った感じです。記事によると2001年から申請活動を始めたとの事ですから、9年越しの世界遺産入りという訳です。

師父の武館も元々は少林寺村の東にありましたが、少林寺地区全域の大規模な区画整理に伴い、2002年に登封に引っ越してきました。師父の所だけでなく、少林寺村東西数キロの武館、商店、農家など、とにかく何もかにもがどんどん取り壊され、瓦礫の山と変わっていったのが印象に残っています。

続いて2004年あたりから少林寺も大々的に改修工事が行われ、殆どの建物が新しく立て直されました。この頃になってしきりに世界遺産申請の話を耳にするようになりましたが、その時には「新しく造って何が遺産なんだ」と呆れたものです。

それはさておき、少林寺を含む登封一帯は本当に文化遺産の宝庫です。上の記事の通り、宗教・学問・政治の中心であり、「登封」という地名からして、中国の歴史上唯一人の女帝として有名な武則天が、中岳に登って封禅の儀式(天に皇帝として即位することを報告する儀式)を行った事に由来しています。

また最近のニュースによると、登封にある法王寺で平安時代の僧、円仁(慈覚大師、794~864)とみられる名前の刻まれた石板が発見されたそうです(●ニュース詳細)。

今まで私も武術ばかりで、登封に居てもあまり地元の文物に触れる機会がありませんでしたが、これを機に少しずつでも訪ねて見てみようかなと思っています。何だか取り留めのないコメントになりましたが、まあ世界遺産リスト入りはめでたいかなという事で。

そういえば少林功夫の方は「世界無形遺産」に申請作業中との事です。しっかり審査して、こちらは勝手に新しい套路を造ったり改変したりせず、昔ながらのものを厳密に保存していって欲しいなあと願っています。「武術ショー」や「武術風体操競技」みたいなものでなく、登封・少林寺地域に昔から伝わっているものをです。

映画『新少林寺』予告編

以前このブログでも紹介した(※参照)映画『新少林寺』の予告編を見つけました。

映画の時代背景は清末民初。軍閥が中国各地に群雄割拠し、国内は大いに乱れた時期。少林寺も1928年に、妙興和尚を団長とする「少林寺保衛団」が軍閥・呉佩孚(ごはいふ)側に協力した事が遠因で、対抗する軍閥である石友三に焼き討ちに合い、伽藍の大部分を消失しています。

映画のストーリーはおそらくこの辺りの史実を下敷きとしているものと思われます。

さすが最近の映画らしく、映像はなかなか綺麗です。あとはこの時期の複雑な情況を、どうストーリーに上手く絡めて現実味を出していくかでしょうか。史実でも、この時代にはまだ少林拳が実戦で用いられていたのですから、どういう風に仕上がるのか、公開が楽しみです。

ちなみに予告編の中で僧侶が打っているのは七星拳という套路です。これは登封の拳師・刁山多老師が指導したものです。李連傑が主演した1983年の『少林寺』の中では、僧達が打っているのは実際には少林拳ではなかったので、今回は映画に本当の少林拳が出てくるのも、門人としてはまた楽しみなところです。

少林寺の公式サイトがハッキングに遭う

10日、少林寺の公式サイトが何者かによってハッキングを受け、サイトの内容が改竄された。5日に続き、一週間の内に2回目の攻撃を受けたことになる。

日本でも早くもニュースで流れてきている。
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=1112&f=national_1112_021.shtml

●追加
中国の中央電視台でも報道があった

映画『新少林寺』発布式

10月22日、河南省登封市少林寺で、映画『新少林寺』の発布式が行われた。キャストには成龍(ジャッキー・チェン)、劉徳華(アンディ・ラウ)、謝霆鋒(ニコラス・ツェー)、范冰冰等の豪華な顔ぶれを配す。ストーリーは李連傑主演の前作と異なり、軍閥戦争時の少林寺が舞台との事。

丁度この時期は清朝が倒れ、国外からは諸外国が中国での権益を得ようと虎視眈々と機会を窺い、国内では軍閥が各地に群雄割拠し内戦に明け暮れていた混乱の時代である。

この時代というと、少林寺保衛団の創始者である恒林和尚、恒林の跡を継いで保衛団団長を務め、後に軍閥呉佩孚麾下の第一旅第一団団長となった妙興和尚や、幼少の頃少林寺に出家し武術を学び、長じて八路軍(人民解放軍の前身)の将軍となった許世友等の、近代少林寺の歴史に名を残す大人物達がすぐに連想される。もしかしたら『新少林寺』でもこれら実在の人物がモデルになるのかも知れない。

ちなみに当門の祖師爺である凌斗は許世友に直接武術を教授したと言われている。歴史的にも非常に興味のある時期であり、唐朝が舞台であった前作よりも、より身近な現実味のある内容になりそうで完成が楽しみである。

丁度先日、少林寺で永信方丈にお会いしたときに、「数日後に『新少林寺』の発布式が行われ、成龍や劉徳華が来る」と仰っていたのはこの事だったようだ。

五台山が世界文化遺産に 嵩山は見送り

第33回世界遺産委員会の会議が現地時間の26日午後12時36分、スペイン南部のセビリアで開かれ、中国の五台山が世界文化遺産に登録された。一方、同じく中国が申請した少林寺を含む嵩山歴史建築群は今回は見送られた。

嵩山歴史建築群は登封市行政区内に、少林寺建築群(常住院や塔林、初祖庵)、太室闕、中岳廟、啓母闕、少室闕、嵩陽書院、嵩岳寺塔、会善寺、観星台の11の歴史建築がある。

●詳細は「人民網・日本語版」で
http://j.people.com.cn/95952/6688574.html

41.9℃?

今日の「鄭州日報」と「鄭州晩報」の報道によると、鄭州の気温は昨日午後
二時頃に41.9℃に達したとの事。同じく河南省で陳氏太極拳の発祥地と
して有名な焦作などは、最高気温45.2℃を記録した模様。

暑い、暑すぎる。大陸の夏は日差しはかんかんと強烈だが、空気はからっと
して日本よりはマシだと思う。しかしこの気温はちょっと行き過ぎだろう。

登封はどうだろうか。嵩山の中腹なので、鄭州よりは絶対に涼しいと思うが。
週末あたり、師父に電話してみよう。

http://zzwb.zynews.com/html/2009-06/25/content_91829.htm

ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2
  • 3

ユーティリティ

2018年10月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着エントリー

瑞士(スイス)の同門
2018/10/22 11:45
雑感(Twitterより転載)
2018/10/05 09:48
圓満結束了!
2018/09/27 14:26
講習会準備万端
2018/09/18 22:28
満席のお知らせ
2018/09/11 18:43

過去ログ

Feed