エントリー

カテゴリー「武術」の検索結果は以下のとおりです。

登封滞在記2

  • 2009/04/10 19:05
  • カテゴリー:武術

  • 投稿者:

登封到着の翌朝、練功の第一日目。

5時に起床し、5時半から準備運動を始める。
この時期登封の日の出は6時前後なので、外はまだ暗い。
準備運動が終わって套路を何回か打っているうちに、
東の空から段々と明るくなり、朝になる。

師父には朝に教えを受ける事が多い。
朝は十分な休息を取って、気力体力も十分。一番力が出る時間でもある。

初日はさっそく当門の最重要套路である長護心意門拳の検査から始まる。
昨年秋の滞在時、同じように初日に受けた検査では、日頃の練功の仕方、
というか心構えの甘さが露呈するという悲惨な状態であったが、今回は
その教訓のおかげもあり、大意に於いては大きな問題はない、という事に
なってほっと胸をなで下ろす。

しかし細かい部分では、発力、眼法、身法、呼吸などでいくつかの指点を
受けた。聞いてしまえば簡単なことなのだが、ひとりでそれに気付くこと、
ましてやそれを全て備えて実践するのは容易な事ではない。師父の動きに
付いていきながら、どうにかこの貴重な文化遺産を一滴も取りこぼすこと
なく正確に継承すべく、精神を研ぎ澄ませてひとつひとつの動作を打って
いく。

この套路(長護心意門拳)は練り始めて十数年経つが、まだまだ、練れば
練るほどに新たな課題や発見が現れて、全く飽きるというか足りるという
事がない。それどころか、もっともっとこれを深く探求していきたいと
いう気持ちにさせられる。

改めて、古典套路の奥深さ、面白さを実感した。

登封滞在記1

  • 2009/04/06 22:25
  • カテゴリー:武術

  • 投稿者:

3月22日から4月2日にかけての12日間、中国河南省登封の拳師、王宗仁
師父の元に滞在し、伝統少林武術の教導を受けてきた。

今回の目的は、一に前回の滞在となる昨年10月から現在までの練功内容と
その成果の確認、そしてもう一つは純粋に自らの功を、「源流の地」という
最適の環境で更に練り込むという事にあった。

成田から北京の宿に着いたのが夜の零時。翌午前中に北京を出発し、
一路列車で鄭州へ。オリンピックの前年に開通した高速列車「動車組」は、
同区間を約5時間で結ぶ。鄭州からは駅前の高速バスで一時間半、こうして
以前とは比べものにならないくらいスムーズに登封に到着する。

約半年ぶりの再会に、師父も非常に喜んでくださった。もちろんこちらも
この日を指折り数え待ちわびていた。登封に着くと「ここまで来れば、
もう安心だ」という感覚が湧く。

結局登封に着いたのは夕方16時。その日は師父に近況の報告をしたり、
お世話になる人を招いて簡単な宴を開いたりして、夜は明日からの練功に
備え、早めに休んだ。

ファイル 18-1.jpg
日本の新幹線と似ている。

ファイル 18-2.jpg
綺麗な車内。

ファイル 18-3.jpg
車内弁当。宮宝鶏丁(鶏肉とカシューナッツの炒め物)
ちゃんと調理されていて、美味しい

古典を読み解く

  • 2009/03/03 20:33
  • カテゴリー:武術

  • 投稿者:

最近縁あって、武術でも東洋医学でも、古典を読む事が楽しみになっている。

古典を読むには、まず原文をざっと流し、大意を読みとる。その後辞書を引き引き書き下し、ここでも大まかな内容を検討する。そして書き下した文章から、今度は一文一文に含まれる意味を徐々に明らかにしていくのである。

古典は、読み手の水準や観点によって、解釈が様々に広がっていくのが面白い。もちろん、その方面の経験と知識無くして、原則を外れた自分勝手な解釈をする事は慎んで注意すべきであるが、同じ一節の文章でも、何度も何度も読み込んでいく内に、その時々に応じて様々な答えやヒントを与えてくれる。

そういう意味では伝統武術の套路も、これと似たような事が言えるのではないだろうか。我々が套路を学ぶときには、まずそのかたちを正確に習得し、そこから千遍万遍と繰り返し練り込む。時に動作を分解し、ひとつひとつ単勢で練り検討する。

そうしていく事によって、徐々にその拳に含まれる味道を味わう事ができてくる。一代一代、拳を伝えてきた先人達の経験と智恵が徐々に見えてくるのである。

学習者、特に初学者は、この過程に於いてはきちんと師に就いて、その教導の元に練功を行わなければならない。古典の書籍も伝統の套路も、翻訳者たる師の教えが必要である。武術を本やビデオで独習が出来ないのはこのためである。また同時に伝統武術の指導者には、古典たる套路を現代文に翻訳できる能力が必要である。

伝統武術の套路は古典と同じく、先人の経験と智恵の宝庫なのである。そして、武術にしても医術にしても、古典を通して得た知識は、実践において研究し、意の如く用いることができるようにならねばならない。

古典を単なる昔話ではなく、現代に生きる我々にも、活き活きとその奥妙なるところを現してくれるように、自ら日々努力していかなければと思う次第である。


※写真は宗代 に成立した医古典『難経集註』
ファイル 11-1.jpg

永成師父

  • 2009/02/20 11:23
  • カテゴリー:武術

  • 投稿者:

ファイル 7-1.jpg

仏門における私の師父。
95年の農歴10月27日(新暦12月17日)に、私が
「少林寺の叔父さん」と呼ぶ崔青振先生の引き合わせによって
拝師し、「延賢」の法号を賜った。

自分自身、仏門に帰依するとは夢にも思わなかったが、
今にしてみると、それはとてもよい事だったと思っている。

永成師父は文僧、武術はやらない。しかし何ともいえない
一種の気、眼の力と、独特の笑みは、人に深い印象を残す。
特にその笑みは、以前永成師父を取材したある記者が「金庸先生の
描く老頑童周伯通のような」と評する独特の……、喜びと、茶目気と、
またある種の諦観のような、またある種の寂しさのような、
様々な要素が入り交じった不思議な印象を持つ。

不肖の弟子である私は、拝師後もろくに仏法を学ばず、
仏法の何たるかもろくに解さない情けない状態であるが、しかし
永成師父の笑みに触れ、またユーモアがあり、かつ深い道理を
貫いた話を聞く事は、毎回合うたびに楽しみにしている。

もともと少林寺を訪れたのは、武術を、それも現代化、ましてや
神秘化などされていない、原始的なな拳脚の行使たる武術を求めて
来たのであるが、永成師父との出会いは、その後生活の節目節目
で、ふと立ち止まってものを考えるという、よい影響を与えて
くれているのである。

天長日久武藝精

  • 2009/02/16 13:58
  • カテゴリー:武術

  • 投稿者:

ファイル 5-1.jpg

一応、ブログの題名はこれに決定。

武術を練るには、苦を恐れず、気を抜かず、日々汗を流し。
一日練れば一日の功、一日怠れば十日の空。
久しく堅持して練れば、藝は精華に到るものである。

ページ移動

  • ページ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

ユーティリティ

2018年10月

- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

新着エントリー

雑感(Twitterより転載)
2018/10/05 09:48
圓満結束了!
2018/09/27 14:26
講習会準備万端
2018/09/18 22:28
満席のお知らせ
2018/09/11 18:43
大阪講習会 追加受付開始!
2018/09/10 08:33

過去ログ

Feed