エントリー

カテゴリー「活動」の検索結果は以下のとおりです。

『功夫少林』動画公開!

CCTVの公式アカウントから『功夫少林』の動画がyoutubeにアップされました!

CCTVのストリーミングはネット環境が悪いせいか、どうにも切れ切れで見づらかったですが、これで解決されます。

目下、第一集~第四集までが上がっています。第五集も近々アップされる事でしょう。

第一集《絶学》


第二集《秘笈》


第三集《神兵》


第四集《江湖》

「神兵」

王宗仁師父と私が出演したCCTVのドキュメンタリー『功夫少林』の第二集《神兵》が昨晩放映されました。

色々感想・思った事はありますが、番組が無事に世の中に出ることが出来、取り敢えず何ともほっとしたというか、安心したというのが一番です。

 Marge017.jpg

今晩は第四集《江湖》、明晩は第五集《天下》が放映されます。

《江湖》は現代社会に於ける功夫(ここでは単なる身体運動としての少林武術に留まらず、様々な思想や学問、技術を含んだ総合的な伝統文化として捉えている)の生存についてスポットを当て、そして最終集の《天下》では世界での少林功夫の広がりを追います。

本編はCCTVの公式サイトでストリーミング放送されています。
http://tv.cctv.com/live/
右の選択肢から「CCTV-9记录」を選び、その後画面下に横並びになっているサムネイル(「回看」という文字がついているもの)から選んで視聴できます。

※原因は不明ですが、何故か「功夫少林」はリンクが外れており、その左側の番組リンクから功夫少林が見ることが出来るようになっています。

『功夫少林』日本での撮影

昨年5月。中国中央電視台『功夫少林』、日本での撮影風景。二日に渡って普段の練功、同盟会の練功、鍼灸治療の様子、インタビュー等を撮りました。

正直本当に来るとは思っていませんでしたが、実際は非常に真剣かつ綿密に撮影作業を進められており、その仕事態度には強い感銘を受けました。やはりプロの仕事は美しいです。

IMG_1368.jpg

IMG_1392.jpg

場所は体育館のあるいつもの公園。同盟会の皆さんも、もしかしたら本編に映っているかも知れませんよ。

 総ディレクターの肖先生の話だと中国での放送の他、国際的な品評会にも出品して世界に向けて売り出していく予定であるとの事。日本でNHKあたりが買い付けてくれないかな~等と妄想しています。

CCTV制作大型ドキュメンタリー『功夫少林』
5月20日(金)より五夜連続
夜20:00(日本時間)より放送です!

王宗仁師父と私は5月22日(日)21:00から放送の第三集『神兵』に出ます。

gfsl_3.jpg

gfsl_1.jpg

予告編では師父が嵩山山頂で大刀を練っているのと、私が関帝廟で焼香しているシーンが少しだけ映っています~。
http://tv.cctv.com/2016/05/04/VIDEmJa8hqUzrbHGIe77lwmP160504.shtml

本編はCCTVでストリーミング放送されます。
http://tv.cctv.com/live/
右の選択肢から「CCTV-9记录」を選ぶと視聴出来ます。

「功夫少林」放送日時決定!

CCTVの大型ドキュメンタリー「功夫少林」。紆余曲折を経て、やっとこ具体的な放映日時が決まりました!

AAA64CA3@4243B22B.jpg

5月20日(金)夜9:00から、CCTV9チャンネルで五夜連続放送されます。

第一集《絶学》
第二集《秘笈》
第三集《神兵》
第四集《江湖》
第五集《天下》

B00A75F6@4243B22B.jpg

B9DAA9A0@4243B22B.jpg

一集50分で、少林寺院内、民間での伝承、武器の意味、実社会での生存、世界での発展等々、全面的に取り扱います。

下記URLより予告編が見られます。
http://jishi.cctv.com/special/gfsl/index.shtml

本編はCCTVでストリーミング放送されます。
http://tv.cctv.com/live/
右の選択肢から「CCTV-9记录」を選ぶと視聴出来ます。

中国中央電視台『功夫少林』

今年の春節(2月8日)から5夜連続で放送予定だった中国中央電視台のドキュメンタリー『功夫少林』ですが「放送時期の調整」のため、3月以降に延期となりました。

あくまで憶測ですが、純粋に制作が遅れて間に合わなかったのだと思います。

撮影自体が昨年9月末に終了し、そこから編集。今年1月末の時点でまだ字幕を入れている段階だったので、それは間に合わないでしょう、という事です。

取り敢えず代わりと言ってはなんですが、予告編をお送りします。

予告編に使われている映像は、このドキュメンタリーの前期に撮影されたものです。

2014年春から撮影が始まったので、丸々二年になります。その間、撮影に参加された郝釋斎、陳五経、崔西岐の三方の老拳師が既にこの世を去りました。

そういう意味でもこのドキュメンタリーは、伝統少林拳にとって貴重な記録映像になると言うことが出来ると思います。

mmexport1455771363533.jpg

編集中の画面。まだ字幕は入っていません。

また放送時期が確定したら、当ブログでお知らせします。

「鴨ちゃんねる」で伝統少林拳を語る

昨年9月の訪中時にフジテレビ北京支局の取材を受けたものが、インターネット放送局「ホウドウキョク」内の「鴨ちゃんねる」という番組で取り上げられました。

kamo_3.jpg

アーカイブはこちら
https://jstweb.houdoukyoku.jp/pc/archive_play/00142016011701/1/

伝統少林拳の現状と発掘・伝承、そして現代社会に於いて武術を練っていく意味について、私なりの考えも交えてお話させて頂きました。

少林寺を含む登封が世界遺産に登録され、ますますショー化・商業化が進む少林拳の傍らで、古来より脈々と伝えられ、そして今失伝の危機にある伝統少林拳の存在を少しでも世にお知らせする事が出来れば幸いです。

亀有で少年少女少林拳

亀有で少年少女少林拳

8/30(日)と31(月)の二日間、亀有少年少女を対象とした少林拳の無料体験会を行います。

講師はこの秋公開の映画『黒衣の刺客』で妻夫木聡氏に武術指導(少林拳)をした清水佳彦教練です。お近くで興味のある方は是非!

11889987_424011074457833_3006828655736326763_o.jpg

 

まいにち中国語で少林拳

古伝少林拳を残す地・河南省登封市磨溝村が、NHKラジオ「まいにち中国語」のテキスト8月号に載りました。
IMG_1659.jpg

載ったのは、毎号中国の歴史ある町や村を訪ね、その土地土地の文化や情景を綴る「古鎮を歩く」というエッセイ内です。

本文を執筆された多田麻美さんは、北京の歴史的路地・住居である「胡同」に住み、中国各地に残る伝統文化や技藝を広く取材されているライターさん。そして写真は多田さんの旦那様の張全さん。こちらは生粋の北京っ子で、人物と情景がマッチした何とも暖かみのある画を撮る写真家さんです。

私も古い時代の少林拳を発掘・保存する為、磨溝には今でも年に二回は訪れていますが、他の方が書いた文章と写真で日本に紹介されるのは今回が初めてです。外地の方、しかも日本人と中国人両方から見て、磨溝はどの様に映るのかはとても興味深く楽しみでした。

武術を専門にする方でなくとも純粋に、「中国にはこんな文化・土地があるんだ」という感覚で読んで楽しい内容だと思います。近所の書店にお寄りの際には、是非お手にとってご覧になってみて下さい。

IMG_1662.jpg

特訓(?)

今回は今までで一番辛苦だったと思います。

DSC_0099.jpg

昨日は明星大学の武研にて、伝統少林拳の講習を行ってきました。

通例ですと少林拳の身体操作のルールやそれを応用した技法などを中心に講習を進め、套路は最後にほんの少しやる程度でした。

しかし今回は事前に「11月の学祭で通臂拳を演舞したい」という学生さん方からの希望があったので、通臂拳の套路を時間一杯集中的に教授いたしました。

通臂拳の動作は約25動作。少林拳の套路としてはそう長くはない部類に入ります。しかし尺は短くともそこには中国武術の様々な智慧や規矩が含まれています。それを一回の講習で全部覚えてしまおうとすれば、あちこちに無理や不足は当然出て来ます。

それでも今回は無理を承知で、まさに「無理やり」全套二時間半で覚えきって頂きました。

細かい理屈は最低限にして、とにかく時間一杯使って型を覚え、繰り返し繰り返し打ち、身体に詰め込んでいきます。いちいち頭で考えて納得・理解している時間なんてありません。

講習最後の30分はさすがに皆さん疲れがピークに来ている様子でしたが、へろへろになりながらも、全員最後まで頑張ってやり通しました。

やり終えて。
たまには細々したことを考えずに、ひたすら「練拳」するのもいいものだ。と改めて思いました。思い返せば自分が少林寺で王宗仁師父に就いて拳を練っていた時も、動作を教わったら只ひたすら繰り返し打ち、それに熟練してからぽつりぽつりと理論を教わる、あるいは自得するという方式でした。

現代社会ではなかなかそういったやり方は難しいし、受け入れられづらいとは思いますが、昨日は敢えて色々な制約を無視して若い皆さんと無心に拳を打てたのは自分にとっても懐かしくも新鮮な一時でした。

学生の皆さんは是非11月の演武までじっくり拳を練り込んで頂き、その後12月の講習では改めて、通臂拳の含意をお伝えしたいと思います。何はともあれ、昨日はお疲れ様でした!

崔西岐老師の通臂拳。
この映像は恐らく76歳前後の時に撮影されたものです。

『功夫少林』in東京

少林寺・登封で鋭意撮影中の大型ドキュメンタリー番組『功夫少林』。
東京にも撮影班が来て、この間の週末二日に渡って取材を受けました。

一日目は武術方面、二日目は主に鍼灸治療のシーンを撮影。

撮影班が来日する前から微信(中国版LINEのようなもの)でスケジュールや具体的な内容を打ち合わせしておいたので撮影は滞り無く、予定通りに進みました。本当に、便利な世の中になったものです。

101.jpg
朝。近所の公園で普段の練功風景を撮影&インタビュー。

104.jpg
午後。会の練功風景。協力してくださった同盟会の皆さん、謝謝!

102.jpg
ディレクターの屈鋮先生。必要なシーンを相談し、効率よく撮っていきます。
やはり第一線で活躍する人は仕事の仕方が気持ちいいです。

mmexport1433078755398.jpg
二日間、楽しい撮影でした!

ページ移動

ユーティリティ

2018年04月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索

エントリー検索フォーム
キーワード

過去ログ

Feed